一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:21年12月01日


誰でもできる簡単減量として
一時期話題になった6時バナナ減量ですが…
落とし穴があるって知ってましたか?

6時バナナ減量は
多くの人が実践しているようですが、
成功した人もいれば、失敗したという人もいます。

6時バナナ減量で失敗した人は、
落とし穴をちゃんと理解していなかったんだと思います。

簡単で安上がりな6時バナナ減量の
落とし穴といわれているのが、バナナに飽きちゃうという点です。

実際、
6時バナナ減量を実践した人ならわかると思いますが、
日々6時バナナを食べ続けるのって、
意外と苦痛なんですよね。

そうなるとだんだんバナナを食べなくなって、
減量を挫折してしまうという結果に…

もう一つの6時バナナ減量の落とし穴は…
バナナってお腹の持ちが良い感じもするんですけど、
実際は消化が早いので、
すぐにお腹がすいてしまうという点です。

6時バナナと水だけだと、昼食まで持たないので、
意思が弱い人なんかは、つい間食をしてしまうなんていうことに…
そうなるとせっかくの減量効果も
台無しになってしまいます。

もし空腹を我慢できてもストレスとなってしまい、
反動でお昼に食べ過ぎちゃうなんて事にもなりかねません。
これこそが、6時バナナ減量の落とし穴といえますね。

やっぱりいくら簡単でも、
同じ食品を食べ続ける食事制限の減量って、
継続することが難しいという落とし穴がつきもののようです。

よほど強い意志を持って取り組まないと、
6時バナナ減量で成功できないかもしれませんね。

一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術