一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:19年07月18日


当たり前のことですが、
減量をするには…
「消費エネルギー>摂取エネルギー」
という公式を守らなければいけません。

減量の必要がある人は、
上の公式が成り立っていないんですよね…

ですから、
自分の連日の生活習慣について、
見直してみる必要があるんです。

まず、摂取エネルギーを減らすということは、
食事の量を減らすということになるわけですが…

皆さんが今食べている食事、
本当にすべて必要な食事なのでしょうか?

よ~く思い起こしてみてください。

12時食と夕方食の間におやつなどと言って
お菓子を食べてはいませんか?

仲間との付き合いだからといって、
飲み会に行ったりしてませんか?

果たして、
お菓子は生きていく上で
必要なエネルギーですか?

お酒もしかりです。
おそらく余計なカロリーでしょう。

余計なカロリーがたまってしまうから、
減量が必要な状態になってしまうわけですよね。

逆にいうと、その余計なカロリーを
摂取することをやめてしまえば、
摂取エネルギーを減少させることに成功します。

減量への道筋がついたということもできますね?

次に、消費エネルギーを増やすには体操です。
しかし無理な体操は禁物ですよ。

肩こり体操でいいんです。
少し歩く距離を増やすだけでもかまいません。
体操をする時間を
少しでも増やす努力をしてみましょう。

このようなちょっとした努力によって、
確実に消費エネルギーを増やすことはできます。

消費エネルギーが摂取エネルギーを超えると、
からだに溜まった脂肪をエネルギーに回します。
そして、結果的に減量の成功につながるんです!

減量だからと
難しく考えないで、シンプルに考えましょう!

一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックでの視力回復について
レーシックで老眼も治療可能
悩みの遠視もレーシックで治療
レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがレーシックという視力回復術