一時的なレーシックにおける後遺症

ここ最近になってレーシックと呼ばれる視力回復手術が話題となっており、多くの人が実際に視力を回復されています。
まだ新しい医療のレーシックですが、その成功率は非常に高く、続々と喜びの声が報告されているのです。 レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:22年05月14日

皆様、GoodAfternoon!

今日は久々に筆が進みそうです。


最近、仕事でもプライベートでも大忙しです。

一番ビックリな話題が・・・妹が結婚することになったこと。

昨日珍しく大阪駅に14時頃呼び出されて。

テンプラセットでもって大好物の話が出た時に、何かあるな…
と思ったわけですよ。


最近スーパースタイルや玄米珈琲を愛用し、
休みの14時からエクササイズバンドしてみたり、
友人も変だ〜とか言ってたの。

2kg太ろうが、気にしない性格だったのに。

おかしいと思ってたら、やっぱり結婚をしたい相手がいるそうで。


というか・・・本人たちは、もう結婚するって決めてるわけで。

それが、ネパールの人なんだよねー。

後々ネパールに行くかはわからないけど、とりあえずは
日本にいるみたいなんだけどね。

親に挨拶に行く相談だったわけよ。

うちの親は、いまだに背筋したり、元気いっぱい!

腰が痛い〜なんて聞いたことないし、14時から
妹と一緒にエクササイズバンドするくらい元気な人で。

はっきりした性格だから、何をいうやら・・・。

しかも向こうの親に挨拶となれば、ちょっとした旅行だし。

どこで結婚式をするのかというのも、本人たちは考えているらしい
けど、「自由にどうぞ」じゃないと思うし。


田舎の人だから、外国人なんて聞いたら、きっとビックリすると
思う・・・わたくし以上にね。

どうなるやらってカンジだけど、味方になって挨拶の日に実家に
来いって。

ε-(ーдー)ハァ


ホーム サイトマップ