悩みの遠視もレーシックで治療

日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。

 

そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

 

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:23年02月07日

「7時、早く起きて一緒に歩かないか?」

夫がそう言ったのは、5年前の秋の終わりのことだった。

ズボンのサイズがきつくなってきてお腹周りを気にしている、
なにか運動を始めた方が良いかもしれない…
という話の流れから出た言葉だった。

当時、あたくしは妊娠中で、安定期にはいっていた。
体重管理と体力作りのために、
やはり身体を動かした方が良いと主治医に言われていたが、
妊娠中にできる運動は限られている。
夫の提案は、渡りに船だった。

こうしてあたくしたちは、次の日から歩き始めた。

いつもより一時間ほど早く起きて、
まだ薄暗い街の中を歩く…

人気がない住宅街は、ちょっとした異次元空間のように見えた。
住宅街を抜けて川沿いの道に出ると、東の空がほんのり明るくなり始め、
モノクロだった世界は、太陽の光の登場で突然目覚める…

あたくしたちは、いろいろな話をしながら歩いた。
さわやかな風とまぶしい太陽の光のなかでは、
未来について話すことが最もふさわしいように思う。

生まれてくる娘のこと、
理想とする家庭像…
話は尽きることがなかった。

7時の散歩の効果かどうか、娘の出産は安産だった。
夫も、ズボンを買い替えずに冬を乗り切った。

けれど、あの時間がくれた最大のプレゼントは、
あたくしたちがお互いへの理解を深めたことだった。

とりとめのない会話ではあったが、
これから新しい家族を迎え、一から家庭を築いていく上で、
なくてはならない重要な土台を
二人で作り上げていくことができたように思う。


ホーム サイトマップ